医療レーザー脱毛の特徴は?

毛根を完全に焼き潰すので永続性がある

医療レーザー脱毛が他の脱毛処理と大きく異なる点として効果の永続性があります。一般的な脱毛処理は体毛を抜き取るだけなので、日数が経過すると再び生えてきます。しかし医療レーザー脱毛は毛根をレーザーで焼き潰すので、一度処理を行った部分からは二度と体毛が生えることはありません。似たような脱毛処理に光脱毛がありますが、その効果には大きな隔たりがあります。光脱毛は表皮に露出している体毛には効果がありますが、毛根に対する影響は皆無です。その点、医療レーザー脱毛は毛穴の奥にある毛根へ直接作用するので、厄介な体毛の除去効果を永続させることができます。医療レーザー脱毛は名前の通り、医療機器を使うので医師免許の所持者でなければ扱うことができません。

そのため、医療レーザー脱毛ができるのは美容外科など医療機関に限定されます。

肌への刺激が強いので慎重な対処が必要

永続的な脱毛効果が得られるのがメリットですが、その一方で肌への刺激が強い点には注意しなければいけません。レーザーの調整を誤ると肌に大きなダメージが生じてしまい、火傷のような傷跡が残ってしまいます。また、刺激の強さから肌の角質化や色素沈着などの重大なトラブルも起きやすいので、脱毛処理を検討する場合は事前の入念な検査が欠かせません。脱毛に用いるレーザーは濃い色に反応して拡散する性質があることから、かさぶたや日焼けが生じていると脱毛効果が低くなります。体毛が長すぎてもレーザーが拡散されてしまうので、予め短く切り揃えるなどの処置が必要です。医療レーザー脱毛は医師の技術力が仕上がりの良し悪しを左右する方法なので、利用する際は病院選びに注意しなければいけません。